2015年1月12日月曜日

Unityで広告を入れるなら簡単なnend(ネンド)をおすすめします。

僕も迷ったUnityで広告を入れる会社選び。

nendoならアセットをダウンロードして広告プレハブをシーンに追加して自分のIDを入れるだけ。

xcodeでビルドする際もフレームワークを2つ追加するだけです。

かなり簡単に実装できます。

NENDをUnityで使うための設定方法を説明します。


















まずNENDからUnityアセットをダウンロードし Pulginsに入れます。。

次にシーンに空のGame Objectを作り、そこにNend Ad Banner(もしくはNend Ad Icon)のスクリプトを追加し、Nendで設定した「apiKey」と「spotID」を入力するだけで終わりです。

















Xcodeでビルドする際は「ImageIO.framework」と「AdSupport.framework」を追加して下さい。

下の+ボタンをダブルクリックすると追加するフレームワーク一覧が出るので上記の2つを選んでビルド!






実機でテストしないと広告の位置はわかりませんがとりあえず表示されるはずです。

かなり簡単なので広告会社に迷ったらNENDをおすすめします。



0 件のコメント: